MENU

ピンキープラスとフラボノイドの関係とは?持続性はあるのか?

さて、プエラリアがフラボノイドが沢山含まれている植物で
それがピンキープラスには含まれてはいないみたい。でも、一体バストとどんな関係?

 

★フラボノイドは女性ホルモン分泌の助っ人

 

大豆に含まれるダイズイソフラボンは女性ホルモン分泌の助っ人で有名。
プエラリアはその大豆の40倍ものフラボノイドを配合しています。

 

40倍ものフラボノイド配合はすごいけど、いまいちバストアップとの関係が…
一体このフラボノイドやらとバストアップにどんな関係が?

 

…実は!バストアップに必要なのは女性ホルモン。
この女性ホルモンが分泌されることによってバストが大きくなるそうです!

 

女性ホルモンといても種類があるみたいで大きく分けて2つあるとか。
月経を管理するホルモンと、女性らしい体を作るサポートをするホルモンの2種類。

 

調べてみると、ピンキープラスにも、
もちろんこの女性ホルモンの分泌を促進する成分が入っているようです。

 

おっと、持続性はどうなんだろう?どんな女性ホルモンサポート成分が入っているのか?

持続性と、ピンキープラスの女性ホルモンサポート成分

さて、バストアップには女性ホルモンが不可欠のようです。
ピンキープラスに入っている女性ホルモンサポート成分と持続性は?

 

★ピンキープラスはブラックコホシュ採用 持続性も期待できる

 

ピンキープラスは他のバストアップサプリメントとはちょびっと異なる、
ブラックコホシュという成分を配合しています。

 

なお、一般的なバストアップサプリメントはプエラリアを配合しています。
前にも伝えましたが、ピンキープラスは「プエラリア」を配合していません。

 

これらは持続性が期待できます。
しかし、調べてみると若い女性はバストアップサプリメント摂取には注意が必要そう。

 

というのも、女性ホルモンを体外からばかり摂取していると、
体の機能が低下する可能性があるとか。

 

30代をピークに分泌量が多くなる女性ホルモン。
40代になるとその分泌量が大幅に減少するため、更年期になる女性は多い。

 

あくまでもサプリメントとは、上手に付き合っていきたいなと思いました。
さて、ピンキープラスみたいなサプリはドラッグストアに置いてあるのだろうか?

 

⇒ピンキープラスはドラッグストアにも置いてあるか?>>

 

⇒ピンキープラスの通販購入窓口【数量限定!わけあり特価!!】のTOPページはこちら